ブライダル宝石印鑑

イメージ画像

婚姻届を提出する日も大切にしたい、という方もたくさんいますよね。
実際私の周りにも、1月1日や、1月23日(ワン・トゥースリー)、2月2日(夫婦)に入籍した友達もいます。他にも、よい夫婦の日の4月22日や、いい夫婦の日の11月22日や、バレンタインデーやホワイトデーも人気みたいです。あ、そうなると、クリスマスも定番人気ですよね~

婚姻届を提出するのも、ビッグイベントにしたい!という方がいましたら必見!地味なイメージの、婚姻届への捺印を、写真に残るようなお洒落な演出にしてしまうのです。

そんな演出に一役買うのが『ブライダル宝石印鑑』です。なんと、宝石の素材そのものを印鑑にしてしまうのです!きらやかな宝石は、輝かしいイベントになるよう演出してくれます。婚約指輪や結婚指輪は、シンプルなデザインの方が多いですよね。指輪に付いている宝石も、ダイヤモンドなどが多いイメージがあります。

指輪は毎日身に付けていますが、他にも、自分の好きな宝石や、自分のラッキーカラーの宝石をいつも身に付けていたい、と考えている方もいるのではないでしょうか?でも、値段も高いし・・・、そんな贅沢はできない、という方。婚姻届を提出というイベントとして、自分の好きな宝石を印鑑にしてしまうと、一生の思い出になりますよ!

その後、お洒落な小物としても、仕事場や銀行などで、宝石印鑑は大活躍してくれそうです。
その度に、結婚した幸せを実感できるので、本当に一生大事にできる宝物になりますね♪



お勧め記事

〔日本にもサインの習慣が来るか〕

引用:
世界に二つと無い印鑑とその印鑑を保証するかのような印鑑登録証明書。この二者が組み合わされば鬼に金棒です。
リンク先:印鑑とシャチハタ

このページの先頭へ