印鑑の種類

イメージ画像

実印というのはいつ使うのでしょうか。実印は主に大きい買い物をするときに使います。他には連帯保証人になるときなどあまりないですが使います。

他に社会人がもっている印鑑としては、銀行印があります。これは読んで字のごとく銀行で主に使います。

他に認印や訂正印などあります。これらは基本的に違う印鑑を使っている人が多く、たまに実印と銀行印が同じとかいう人もいますがそちらのほうが珍しいでしょう。これらはシャチハタを使うのは危なく、印鑑屋さんで作ってもらうか、または自分で掘るのが普通です。自分で掘るというのもあまりいるわけでもなく、せいぜい卒業記念に作ったという人程度のものでしょう。

ですがここで気になるのはこのようにたくさん印鑑が増えていくことです。このように大事な印鑑ばかりでなくちょっとしたときに印鑑を使うためにシャチハタを買うこともありますし、家には印鑑が溢れることになるでしょう。デジタルな現代では暗証番号やパスワードなるものが普及し、ついには免許証にも使われ始めました。

これらの文字、数字の列を覚えるのにも何かに書き写しておかないと忘れるぐらいなのに似たような印鑑が何個もあるとどれが何の印鑑なのか忘れてしまいますし、亡くさないとも限りません。
これらの印鑑には印鑑ケースに実印と書いた紙でも貼っておきたいものですが防犯上良くありません。

やはり一生使う実印などはどれが実印でどれが銀行印なのかというのを頭に留めておくということは社会人として当たり前のことのようですね。



お勧め記事

〔オリジナル印鑑〕

引用:
特に実印は個人が所有できる印鑑の中で、法律上や社会上の権利・義務の発生をともなう非常に責任重要な印鑑のため、同じものが2本あるという状態はいけないので、印鑑屋さんにオリジナルの印影をもつ印鑑を彫ってもらいます。
リンク先:印鑑をオリジナルで作るには

このページの先頭へ